結婚のお祝いでもあるブライダルギフト

subpage01

ブライダルギフトとは、結婚披露宴に参列してくれた人に対するお礼としてお渡しする引き出物やプチギフト、また結婚披露宴には呼ぶことができなかったという人からお祝いをいただいたり、都合が悪くて参列できなかったけれども事前にお祝いをいただいたという人へのお礼として内祝いという形で贈るものです。


内祝いの場合には、いただいたお祝いの金額に合わせて商品を選ぶことになります。

今、注目のブライダルギフトの情報が満載です。

一般的には半返しと言われており、1万円を包んでもらったという場合には半分の5000円の商品を選ぶというのが相場になっています。

商品券の購入について詳しく説明しています。

結婚式が終わってから報告を兼ねて挙式後一ヶ月以内に直接渡したり、遠方の人であれば宅配便で送っても構いません。
お祝いが宅配便で届いたという場合でもお礼の電話や手紙は忘れないようにし、内祝いを贈る時にも連絡を入れるとともに結婚内祝いという熨斗をつけて贈ることになります。



結婚披露宴に参列してもらった場合のブライダルギフトでは、引き出物に迷うという二人も多いものです。


一般的には、メインとなる引き出物に引菓子、かつおぶしなどがつけられることもあります。

ギフト券の購入はこちらのサイトで情報公開中です。

地域によっても引き出物の種類は違ってくるので、二人だけで決めずにお互いの両親や親戚の人にも相談してから決めるといいでしょう。引き出物の場合には、披露宴の座席にあらかじめ設置しておくことになります。

商品券の種類の口コミ情報を参考にしよう。

つまり、いくら包んでもらったのかというのは後から分かることになるので、半返しにするというわけにはいかなくなります。


だいたいのお祝いの金額を予想し、友人であれば3000円ほどの商品、上司であれば5000円程度、親戚では1万円程度、主賓には15000円くらいのものを選んでおくのが相場となっています。

引き出物は、その人の座席に置いてもらうことからその人に合った商品を選んで入れてあげることもできます。

友人であっても、女性と男性で商品を分けてみるという方法もあります。結婚披露宴が終了して招待客が会場を出る時に、会場出口で新郎新婦とその両親でお見送りをするときに渡されるブライダルギフトがプチギフトと呼ばれるものです。

これは、全員に同じものを贈ることになり、プチギフトという名前からも分かるようにちょっとしたプレゼントになります。

予算的には1000円もしないような手頃な価格帯のものが選ばれており、縁起物が選ばれることも多いものです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8946965.html

幸せをすくい取るという意味を持つスプーンであったり、年輪があることから一年一年を夫婦で積み重ねていこうという意味を持つバームクーヘンは定番でもあります。

http://smany.jp/4131

また、色打掛などの和装でのお見送りとなるのなら、プチギフトも和のアイテムがいいでしょう。

末広がりの幸せや子孫繁栄を意味している扇子、作るのに時間や手間がかかることから時間をかけてこれから二人の家庭を築いていきますという意味を持つこんぺいとうも人気のあるアイテムです。

https://matome.naver.jp/odai/2139254501591509501

二人らしいアイテムを選んでみましょう。


関連リンク

subpage02














引き出物選びはランキングを参考にすると安心

結婚式の引き出物は、新郎新婦が披露宴に出席してくれた方々へ感謝の意味を込めて渡す品物のことです。引き出物を選ぶのは、結婚式を挙げる二人にとって楽しいことである反面、大変なことでもあるため、ランキングを参考に多くの人に喜ばれている品物を選ぶという方法もおすすめです。...

NEXT
subpage03














知って得するギフト券の種類と金額

ギフト券を購入するにあたって、まずどんなところで使えるかどうかを知っておく必要があります。というのも、全国展開しているチェーン店でも激安価格をしている店や現金のみ(カード払い不可)の店では受け付けてはもらえません。...

NEXT